管理業務を削減可能|業務管理が行いやすくなるグループウェアを導入|円滑に遂行する為に

業務管理が行いやすくなるグループウェアを導入|円滑に遂行する為に

メンズ

管理業務を削減可能

会社

システムを利用する利点

勤怠管理はタイムカードに記録されている情報の内、遅刻早退の確認、1日の所定労働時間を満たしているか否かの確認、通常残業と深夜残業などの残業時間の集計、休日出勤や有休などの確認などを行う事、これを給料に反映させるという重要な管理業務です。従業員数が多くなる事で勤怠管理にかかる工数も多くなるため、クラウドシステムなどを活用して勤怠管理全体をシステム化する企業が増えています。クラウドによる勤怠管理のメリットは、サーバーを社内に置く必要が無い事、専用のアプリケーションが管理者のパソコンにインストールされていなくても、クラウド側がアプリケーションを提供してくれるため、勤怠管理をシステム化させた場合のコストを削減する事も出来ます。

手入力が不要になります

タイムカードを利用した勤怠管理の場合、管理業務を行う従業員が記録内容をパソコンに入力を行い、集計を行う方法もあります。入力作業は従業員の数が多くなる事で工数がかかる、入力ミスが生じてしまう事もあります。クラウドを利用した勤怠管理は社員証などのICカードを利用しているのが特徴です。ICカードを専用のカードリーダーにタッチすると、カードの情報とタッチを行った時刻情報をクラウドサーバーに送信される仕組みになるため、手入力作業が要らなくなる、入力ミスも発生しなくなります。尚、勤怠管理を行う従業員は自分の仕事を持ち、月に数回の勤怠管理業務を行う事になりますが、クラウドを導入する事で管理業務を排除し、自分の仕事に専念する事が出来るようになります。